エッセー

ホーム写心館エッセー > 24. いざ福岡
24. いざ福岡 卒業を控えていた時、姉が貯めていたお金を僕に差し出した。「このお金で行 ける学校があったら行きなさい」本当のところ、進学へほんの少し未練があっ てね。<必勝 NFD作戦>と書いた鉢巻を巻いて、密かに?勉強していたんだ。 NFD ?日本福祉大学のことだよ。ところが三年生の時、親父が職場で衝突をし て、自分の信念を貫いて辞めてしまったんだな。決して親父のせいじゃない。 だって実力があれば、奨学金制度で行けたはずだからね。姉は僕に声援を送ろ うと、精一杯の気持ちを表現してくれたんだ。 それで僕は、興味のあったデザイナー学院の夜間部へ進学就職。場所は福岡。 入学金は親父が出してくれたよ。就職先は博多のビール工場。そして博多でデ ビューを、と。おぼろげなシナリオ。 ♪ 自由なはずの この命 誰のせいだか 金縛り 夢を追うよな ふりをする 立ち止まれない 魚です みやこ みやこ 何が待っている みやこ みやこ 私を待っている 「魚」より
当サイトに掲載されている歌詞及び文章の著作権はむたゆうじ とプロダクション ティムに帰属します。また掲載されている写真
イラスト等の画像の著作権は、それぞれの著作者にあります。このため、歌詞及び文章と、画像等の無断転載は一切お断り致します。
inserted by FC2 system