エッセー

ホーム写心館エッセー > 21. フォークギター
21. フォークギター このギターの音は?友達から借りたレコードから流れる音。これまでに聞いた ことのないギターの響き。叩きつけるような音、そして甘く切ない音。それは スチール製の弦を張ったフォークギターとの出会いだった。歌っていたのはあ の大御所、井上陽水、吉田拓郎。湧き出る想いを真っ直ぐに叫んでいる。天才 たちの登場だった。プロの弾き語りの凄さ。シンガー・ソングライターという プロの世界。僕の本気の歌作りは、ここから始まったんだ。クラッシックのギ タリストの夢?それはさておき、なにせ、本物のフォークギターを見てみたい、 衝動的な想いにかられてしまったんだよ。 弾き語りをやっている先輩がいることを聞きつけ、先輩宅へ。『これがフォー クギターか』母ちゃんにギターを買ってもらった時、きっと、あの楽器店で見 たはずだろうけど…。ギターに種類があるなんて知らなかったんだよ。 さっそく聞かせてもらった。透明感のある心地いい音。そして、何より力強い 音だった。感動しちゃったよ。そして、弾かせてもらったんだ。ナイロン弦の クラッシックギターと違って、スチール弦のギターは押さえる指がとても痛か ったけどね。『あぁ、フォークギターが欲しい』。よし、アルバイト。
当サイトに掲載されている歌詞及び文章の著作権はむたゆうじ とプロダクション ティムに帰属します。また掲載されている写真
イラスト等の画像の著作権は、それぞれの著作者にあります。このため、歌詞及び文章と、画像等の無断転載は一切お断り致します。
inserted by FC2 system