エッセー

ホーム写心館エッセー > 9. もやい おさがり
9. もやい おさがり ところで君は、〈もやい〉って言葉を知ってる?〈共同で使ったり、所有したりするこ と〉って辞典に載せてある言葉。はらっぱ時代は、それが普通だったんだ。遊び道具、 勉強道具…みんな。あのね、ここだけの話だけど、僕は姉ちゃんと肌着が〈もやい〉だ ったんだ。お願いだから、誰にも言わないでよ。 品物が少なかった時代、だから、値段も高い。やっと手に入れた品。当然、もやいで使 う。もやいだから、大事に使う。そんな気持ちが育っていたから、自分の物になっても 大事にしたんだろうな。〈おさがり〉というのもあってね。兄ちゃんが使っていたラン ドセルは、次は弟のランドセルになる。服も、そうやって渡り歩いて?いた。譲り受け る時、なんだか誇りみたいな感情もあったよ。あの大好きな兄ちゃんからのおさがりだ ってね。嬉しさでいっぱいだったんだ。 こんな時代を生きた人たち。今、なんでも豊富な時代になって、そんなに辛抱しなくて いいのに「もったいない、もったいない」って。捨てたり、新しく買うってことが苦手 だもんね。確かに、捨てることも大切なことになってる時代かもしれないけど、〈もっ たいない〉っていう感謝の姿は、大事なことだし、美しい心だよね。捨ててはならない 心だよね。自然を大事にする心につながっていると、僕は思ってる。 かつて、中学進学祝いの贈り物だったシャープペンシル。高校進学の贈り物だった万年 筆、そして腕時計。その時代、一家にあるかないかのカメラ。それらは全て、高級品だ った。それがどうだろう、今では〈使い捨て〉になっている。電化製品、全てが使い捨 てだと言ってもいいくらい。実際、修理する方が金がかかるんだもんな。衣服もそうだ な…。フセをする手間より、買ったほうが早い、安い…か。凄い時代。むごい時代。 人間まで、使い捨てになっちまったね。都合の良い時だけ使われて、ポイだ。命もフワ フワ軽くなる。おまけにゃ便利な?クローン人間まで、登場するっていう、なんてこっ た。絶対バチが当たる。うん、人間いつかバチが当たる。自然に逆らえば、バチが当た るって、大好きだったじいちゃんが、言ってた。地に落ちたね。豊かになって、心は貧 乏、頭はバカになっていくね、僕ら人間。
当サイトに掲載されている歌詞及び文章の著作権はむたゆうじ とプロダクション ティムに帰属します。また掲載されている写真
イラスト等の画像の著作権は、それぞれの著作者にあります。このため、歌詞及び文章と、画像等の無断転載は一切お断り致します。
inserted by FC2 system