エッセー

ホーム写心館エッセー > 6. えこひいき
6. えこひいき 小学校の僕の成績は優秀だった。体育を除いてね。時効だろうから、お話しま しょう。それはね、先生のエコヒイキ。退院時の医者の言葉「20歳くらいま で生きるのは難しいかも」の爆弾宣言。その爆弾が6年生まで引き継がれてい ったんだな。長く生きる可能性が少ない僕へのエコヒイキ。先生の人間愛だっ たんだよ。どの先生も自分の子供のように抱きしめて下さった。浜田重雄先生 田尻紘子先生…校長だった下田巳太郎先生…。卒業式の時、担任だった前田松 次郎先生は、タオルを顔に押し付けて号泣して下さった…。本当に温かかった。 体育、運動会、遠足…参加できない僕だったけれど、寂しい思いをしたことは 一度もないよ。いつも、先生や友達が、僕のことを気にかけていてくれたんだ。 逢いたい…。
当サイトに掲載されている歌詞及び文章の著作権はむたゆうじ とプロダクション ティムに帰属します。また掲載されている写真
イラスト等の画像の著作権は、それぞれの著作者にあります。このため、歌詞及び文章と、画像等の無断転載は一切お断り致します。
inserted by FC2 system